ブログトップ

登紀子ばぁばと安藤久美子料理教室のブログ

春のお花とデザート

e0196040_1430984.jpg
生徒さんからいただいたお花、とっても綺麗なので、思わず載せて

しまいます。家じゅう、いろんなところに置き換えて、楽しんでいます。

まだまだ寒いですが、ときどき空気に春を感じる瞬間がありますよね。

こんな春色のババロアを作ってみたくなる、季節です。

いちごのピュレと生クリームを混ぜるときのきれいなマーブル、

幸せを感じるひとときです。
e0196040_14304241.jpg


にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村
[PR]
by kumikogohan | 2010-01-30 10:46 | Comments(0)

ばぁばのじぶ煮

e0196040_10293748.jpg
金沢の冬の郷土料理、じぶ煮です。

私が子供の頃、お隣に住んでいらしたおばあちゃまが、金沢のかたでいらした

ことから、母はいろいろと金沢のお料理を教えていただいたようです。

そのうちのひとつで、鴨よりも手に入りやすい、鶏もも肉で作ってくれます。

鶏肉に小麦粉をはたくとき、ガーゼに粉を包んで、巾着のようにして、鶏肉を

大切なもののように、丁寧にはたきつけるのが、ばぁばのやり方です。

人参、肉厚の椎茸、金沢の独特の麩、すだれぶが欠かせません。

甘辛いお味付けのだしで、じぶじぶ(ぐつぐつじゃなくて、あくまでジブジブと)

と煮ます。青みに春菊が、辛みにはすりおろした山葵がよく合います。

これも、体がよく温まって美味しい冬のお料理です。

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村
[PR]
by kumikogohan | 2010-01-28 10:33 | Comments(0)

ねぶか飯

e0196040_1620015.jpg
白いところの多い長ネギのことを根深(ねぶか)といいます。

この時期、とくに甘さを増す根深を炊き込んだご飯です。

鰹の薄だしと、酒、醤油少々(香りづけ程度に)で、葱を1,5センチ

ほどに切って、たくさん入れて炊き上げます。

葱の甘みと美味しさがご飯とひとつになり、体が温まる、

ほっこりとおいしいご飯です。

西京味噌で作った、蕪のお味噌汁を添えました。

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村
[PR]
by kumikogohan | 2010-01-27 16:22 | Comments(0)

かぶの薄味煮 吉野あん

1月の旬のお野菜で、忘れてはならないものに、蕪があります。

甘味が増して美味しいですね。

包丁の根元を使い、縦に浅く切り込みを入れていくと菊の花のようです。

おだしで薄味に煮ます。

吉野葛を使って作るとろみあんのことを、吉野あんというところが、

日本語の美しさですね。

e0196040_118124.jpg
百合根、銀杏、ゆばなどをかるく煮て、吉野あんにします。

熱々の蕪にかけて、三つ葉とへぎ柚子を添えます。

器は京焼きの煮物茶碗です。

奈良絵という、室町時代からの昔のデザイン、なんて可愛らしいのでしょう!

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村
[PR]
by kumikogohan | 2010-01-15 11:10 | Comments(1)

下仁田ネギのスープ煮

e0196040_1775629.jpg
寒さが増して、ネギが美味しい季節です。

下仁田ネギを鶏ガラスープでコトコトと、柔らかくなるまで煮込みます。

スープは鶏ガラからたくさん作って冷凍しておくか、または、インスタント

でもよいでしょう。

お味つけはほんの少しの塩でシンプルに、ネギの甘みをいかします。

やる気に満ち溢れているときは、オニオングラタンスープや

ビーフシチューを、時間とパワーをかけて作りますが、

あまり手間をかけないで、温かくて美味しいスープが飲みたい

寒い日はこんなスープがお勧めです。


にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村
[PR]
by kumikogohan | 2010-01-12 17:09 | Comments(0)

七草がゆ

e0196040_1249630.jpg
今日は七草がゆをいただく日。

人日の節句ですね。

お正月のご馳走で、疲れた胃を休めるために、そして

一年の健康を願って、七草の入ったお粥をいただく風習です。

母に作ってもらっていた頃は、今のように、七草セットなどは

ありませんでした。

お大根や芹など、身近な、手に入る材料だけで作ってくれた

ものです。何気なく、当たり前に食べていた七草粥でしたが、

家族に作ってあげていると、母もこうして私達の健康を考えて

いつも工夫をしていてくれたのだな・・・とよくわかります。

きっと、何処のご家庭も同じだと思います。

皆さん、いろいろなことに感謝しましょうね。

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村
[PR]
by kumikogohan | 2010-01-07 12:50 | Comments(0)

ブリのみぞれ鍋 

e0196040_1022321.jpg
お正月明けのお献立にいかがでしょうか。

鰤の美味しい季節、甘辛いお節料理のあとなので、

さっぱりと塩ポン酢でいただきます。

ぶりの切り身は食べよい大きさにして、ザルにのせ、

沸騰した熱湯を回しかけて、脂ぬきを必ずしておきます。

たっぷりの大根おろしと、柚子の皮のせん切りをたくさん散らします。


にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村
[PR]
by kumikogohan | 2010-01-04 10:22 | Comments(0)