ブログトップ

登紀子ばぁばと安藤久美子料理教室のブログ

ばぁばの春山ちらし

e0196040_16554389.jpg
日一日と暖かくなって、心が浮きたちますね。

お雛さま、卒業、入学、就職など、お祝いごとが多いこの季節には、

華やかなちらし寿司が嬉しいです。

特になんにもなくても、この時期、いただきたくなります。

我が家では母が名付けた“春山ちらし”が登場します。

ごく普通の、かんぴょう、椎茸、人参、蓮根、炒りごま、もみ海苔もたくさんはいった、

錦糸卵をたっぷりと飾った五目ちらし寿司です。

桃色(または桜色)のおぼろにだけはこだわって、丁寧に鱈で作り、好みの色づけをします。

一見、作り方が大変そうでも、出来上がってみると、それはそれは美味しくて

見た目も可憐で、嬉しい達成感が一層深まります。

五目の混ぜ寿司をお皿に盛り付けて、たっぷりの錦糸卵とおぼろを用意して、

梅や桜で小さく型抜きをした梅酢生姜を盛りつけるときは、ケーキのデコレーション

と同じくらいドキドキワクワクして、楽しいクライマックスです。

そして、みんながニコニコと美味しそうに食べてくれると、良かったな・・・と。

  現実はおおきな男子が頬張って、「ウ、ウメェ~!」 と叫んでる状況ですが、可憐な
  お寿司作りは楽しい春のお仕事です。

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村
[PR]
by kumikogohan | 2010-03-19 17:04 | Comments(0)

e0196040_19154825.jpg
明日は桃の節句、お雛様の日ですね。

五目ちらし寿司は、どちらのお宅も定番だと思いますが、

お弁当仕立てにして、こんなふくさ寿司を入れてみるのも楽しいです。

3月のお教室の、レシピの一例です。

少し厚めの、きめの細かい薄焼き卵を焼くのは至難の業かと思いますが、

テフロンの新しめのフライパンを使えば、少し楽です。

難しそう~と、見ただけで諦めないで、バレンタインでチョコレート

に注ぐ情熱を、薄焼き卵のためにも向ければ、きっと出来ます。

お嬢さんに向けてか、お母さんに向けているのか判らない言葉になって

しまいましたが、どうぞ親子で楽しく作ってください。

春を感じさせる、鮪とわけぎのぬた、鯛の揚げ物などが添えてあります。
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村
[PR]
by kumikogohan | 2010-03-02 19:19 | Comments(0)