ブログトップ

登紀子ばぁばと安藤久美子料理教室のブログ

<   2011年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧

ミネストローネスープ

e0196040_654549.jpg
昨日のお煮しめと同様に、具沢山なお料理で、

作っておくと安心な一品です。

やはり季節によって、カボチャが入ったり、お豆が数種類であったり

ブロッコリーやカリフラワー、いろいろです。基本は玉葱、人参、じゃがいも

ベーコンです。トマトは冬は缶詰、夏は熟してお安くなったのを沢山買って

ヘタだけはとり、丸のまま冷凍庫に保存しておきます。

使うときは凍ったまま、煮立ったスープにポンと入れるだけです。

カレーにスープに、レンジで作るトマトソースにと、とても便利。
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村
[PR]
by kumikogohan | 2011-01-31 06:54 | Comments(0)

いつもの

e0196040_10563429.jpg
お正月は終わったけれど、このお煮しめは大好きなので、

つい、、2ヶ月に1~2回くらい作ってしまいます。

自分が好きだから・・・もあるけれど、これは作り置きしておくと、根菜類

も豊富だし、海藻も、緑黄色野菜もはいっているしで、家族にも良かれという思い

もあり作っておくと、夜遅く帰った息子なども、冷蔵庫から出して食べています。

季節によって、いんげんを入れたり、長芋など材料も変わります。

なんだか、しみじみとした美味しさがあり、日本の昔ながらのどこの地方

にもありそうな、普通のお煮物、です。ポイントはお出しをちゃんととり、

酒とお醤油だけでシンプルにお味をつけることでしょうか。
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村
[PR]
by kumikogohan | 2011-01-30 10:58 | Comments(0)

煮干し

e0196040_9574688.jpg
先日、食生活ジャーナリストの会 という会に行ってまいりました。

その中で、最近は「ダシってなんですか?」という問い合わせがくるようになって

しまいました・・・というあるジャーナリストのかたの声がありました。

嘆いていないで、せっせと、お教えしなくちゃと思い、走って帰ってきました。

我が家では、お煮物にはカツオだしを使いますが、

お味噌汁は煮干しが手軽なのでよく使います。

こす必要がないので思いのほか便利です。

穴あきお玉ですくいとるかそのままお味噌汁の具と一緒にいただいてもよいですし。

煮干しはそのままよりも、頭を腹ワタの部分と一緒にとり、

身を縦に半分に裂きます。写真の右側です。

こうすると生臭みもないし、そのままいただきやすいです。

顆粒状のだしや、パックだしなど手軽なものはいろいろとありますが、

煮干しは「お魚からだしをとっているんだな~」という実感がありますよね。

自然のものを食べているんだな~という充実感とでもいいましょうか。
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村
[PR]
by kumikogohan | 2011-01-29 09:59 | Comments(0)

冬野菜のサラダ

e0196040_816932.jpg
今月のお稽古のサラダです。

ミニ白菜、サラダほうれん草を使ってサラダにしました。

ミニ白菜は白いところも柔らかくておいしく、生でもとても食べやすいですね。

冬はお浸しなどで、葉もの野菜を茹でていただくことが多いので、ときどき、

こうして冬野菜を工夫してさっぱりとしたサラダがいただきたくなります。

でも、キュウリやトマトはやはり季節はずれなので、店頭にならんでいても、

なるべく誘惑にまけないようにして、季節のお野菜を選ぶことにします。

トッピングに笹がき牛蒡の素揚げ、炒り卵、削り節などをのせました。

サラダは何かしら、歯ざわりの違うものや、ちょっと油分のあるもの、

たとえばツナやハム、フライドオニオンや、ゆで卵、ナッツなどなど、をパラっと

したり、ドンとのせたりするだけで、俄然おいしくなりますね。

ドレッシングも大根おろし、玉葱のすりおろしを加えた、レモン汁が

たっぷり入った手作りでとっても爽やかにできあがりました。

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村
[PR]
by kumikogohan | 2011-01-28 08:17 | Comments(0)

鯛の潮煮

e0196040_8335573.jpg
鯛のうしほ汁というのはポピュラーなお椀もの。

これからの季節、あらを使って、ちらし寿司ととり合わせたりします。

少し大きめの切り身で、汁を少なめにして煮物にすると、上品な煮物、

潮煮になります。昆布だしで、塩、酒だけで味をととのえます。山葵を添えて。

シンプルな鯛の美味しさが味わえます。

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村
[PR]
by kumikogohan | 2011-01-27 08:37 | Comments(0)

キッチン雑貨

こんな綺麗な食器用のお布巾と、鍋敷き(?)も仲間入りしました。

別々のかたからいただいたのですが、雰囲気がよく似ていて

どちらも気持ちが華やぎます!

e0196040_830126.jpg
食器用のお布巾はいつも沢山用意して、乾いた気持ちのよいもので拭きたいですね。

そして、お鍋や包丁は別の布巾を用意します。

調理台や調理道具をふく布巾と、器を拭くものは別々にすることをお勧めします。

そして、調理台をふく布巾と食卓用も分けて・・・たくさん必要ですね。

と、いろいろ考えながらキッチンをうろうろしていたら、e0196040_8312137.jpg

こんな色のピーラーもありました。

意外と使いやすいのです。
よく見ると鹿の顔型。

そして、こんな魔法瓶とタッパー、次々と春色小物が。

集合写真にしてみるとあらためて“可愛い!”と思ってしまいます。

e0196040_832889.jpg
 にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村
[PR]
by kumikogohan | 2011-01-26 08:36 | Comments(0)

今月のお椀

e0196040_93615.jpg
花びら餅仕立てのお味噌椀にしました。

あんは京芋で、牛蒡、人参を忍ばせて、薄切りのお餅を

かぶせました。熱々の西京味噌を溶いたお汁をそそいで三つ葉、

へぎ柚子を添えてあります。

よく母が、冬は白味噌、夏は赤味噌よ~

と教えてくれましたが、この、まったりとして

ほんのり甘い西京味噌は冬にぴったりきますね

クリームシチューみたいに。
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村
[PR]
by kumikogohan | 2011-01-25 09:03 | Comments(0)

我が家の基本

e0196040_724267.jpg
夕べの、遅く帰る息子の夜食です。

あまりにも正しい、日本食だったのでパチリとしました。

甘くない卵焼き、厚揚げの甘辛煮、ほうれん草のお浸し、焼きうるめ

ご飯と若布のお味噌汁です。

ホッとするお献立。

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村
[PR]
by kumikogohan | 2011-01-24 07:25 | Comments(0)

今月のお料理教室

e0196040_792358.jpg
今月のお稽古の一品です。

レンコンのお楽しみ揚げ団子菊あん です。

一口大のレンコン団子の中身は、銀杏だったり、百合根だったり、

エビが入っていたり・・・食べるまでわかりません。

小さいお子さんに作ってあげると楽しいかもしれませんね。

あんは春菊と干し菊を散らしてあります。ふわっと菊の香り

が漂います。菊はばぁばのふる里の干し菊、密閉袋に入れて冷蔵庫で

保管すると1年中楽しめます。おひたしやおつゆに。

柚子の皮をすりおろして、柚香(ゆこう)あん にしてもよいですね。

そのときの青味は、大根葉を茹でて刻んだものでもよいでしょう。
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村
[PR]
by kumikogohan | 2011-01-23 07:10 | Comments(0)

牡蠣の卵焼き

e0196040_10111067.jpg
今が旬の牡蠣

フライはもちろん、牡蠣ご飯や鍋ものなどいろいろと楽しめますが、

こんないただき方もおすすめです。

牡蠣だけは先によくサラダ油で焼いてから卵に混ぜます。

ナンプラーで味をつけて一緒に焼きます。

パクチーを添えて、スイートチリソースでいただくと、エスニック料理の

美味しさで牡蠣が味わえます。台湾の屋台で見かけるお料理。

昔、台湾の屋台街を見て歩いていたら、薩摩揚げのようなものを、ものすごく

手早く揚げている屋台に目が釘付けになりました。

そのうち、屋台のおじさんが、その揚げボールのようなものを一つ、ポロリと

地面に落としました。“アッ!”と思っているうちに、おじさん、素早く拾って

ほかの揚げボールと一緒にして、涼しい顔・・・

台湾にも3秒ルールってあるんだわ!っと、納得しました。

牡蠣の卵焼きを作ると思い出します。

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村
[PR]
by kumikogohan | 2011-01-22 10:12 | Comments(0)