ブログトップ

登紀子ばぁばと安藤久美子料理教室のブログ

すき昆布の煮物 その2

e0196040_134849.jpg
とってーも地味ですが、これが登紀子ばぁばがずーっと作ってくれていた

すき昆布の薄味煮または田舎煮と呼んでいるお料理です。

油で炒めず、お水を張ったお鍋にもどした昆布、油揚げ、煮干し、酒、醤油、

薄口醤油を適量加えて、沸騰したら3~4分煮て、そのまま冷まして、

おいて置くうちに煮干しからお味がどんどんでて、深い味になっていくようです。

昔からの経済料理であり手抜き料理でもあり、ふるさとの味でもあるようです。

先日もこのお料理のことをお友達と話していて、共通の思いがありました。

お互い、なぜか、この昆布はシャブシャブとまるで麺類のように、不思議と沢山食べられる

わよね!ということで意見が一致しました。ほんとに不思議。体に良さそう。

塗りの器は東北地方の秀衡塗り(ひでひらぬり)です。
にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へにほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
[PR]
by kumikogohan | 2011-02-28 13:07 | Comments(0)

豆ごはん

この頃お豆が気になっているところ、お友達から炊き込みご飯用の

お豆をいただきました。数種類の豆が茹でて真空パックになっているものです。

開けてそのままお米と一緒に炊き込むだけです。

いろいろな種類のお豆が味わえて、便利です。

e0196040_13582117.jpg
お豆も気に入っていますが、このお茶碗もとても気に入っています。

去年の冬に金沢に旅行に行ったときに、九谷焼の鏑木商舗さんで

買ったもの。とってもお安い物ですがとっても気にいってます。

柄が男の子らしい感じ。(!) (もう、大きい大人の男なのに・・・)

2コ丁度残っていたので、息子達用に買いました。もう、ガツガツと

丼飯の年頃でもないので、小さめで丁度よいです。

これって、母が私達娘がどんなにおばさんになっても、女の子らしいものを何かと

買ってきてしまうのと(最近はさすがにあまりありませんが)

、まったく同じことをしているな・・・と自分に驚きです。
                     少年ぽい柄
e0196040_13585568.jpg
にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へにほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
[PR]
by kumikogohan | 2011-02-27 14:02 | Comments(0)

今月のお稽古

e0196040_23221241.jpg
今月のお教室のお料理の一品です。

“白い冬野菜のストロベリードレッシング”

かぶ、大根、カリフラワーはすべて生です。

イチゴのドレッシングはかなりの冒険でしたが、

レモンの酸味をしっかりと効かせたドレッシングに、小さく切ったいちご

を混ぜて、意外と甘味が邪魔をしないで、香りが引き立ち、美味しく仕上がりました。

淡白な冬野菜によく合って、とても美しいサラダ。

イメージは白雪姫・・・。

春になったら、ベルギーチコリとセロリなどでも作ってみようと思います。


にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へにほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
[PR]
by kumikogohan | 2011-02-25 23:23 | Comments(0)

釜揚げうどん

e0196040_141398.jpg
休日のお昼は自然と麺類が多くなります。

今日は稲庭うどんを釜揚げでいただきます。

おつゆはいつも、ざる蕎麦用とざるうどん用に冷蔵庫に作り置きをしておきます。

蕎麦つゆは水と醤油、みりんを3:1:1の割合で、鰹節を一握り入れて、ひと煮たち

させます。自然に冷まして漉します。うどんは4:1:1:です。

これを基本に少し甘めがよければみりんを多めに、辛めが好みなら醤油を多めに

して作っておくと便利です。

今日の器は甘酒のときのお友達が作った、手作りの大鉢です。ざっくりとした部分と

綺麗な瑠璃色が対照的で気に入っています。

これも、お玄関の下駄箱の上でいつも待機している器です。

にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へにほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
[PR]
by kumikogohan | 2011-02-20 14:03 | Comments(0)

雛のおちらし

e0196040_22124838.jpg
今年も雛まつりのお寿司の準備の季節がやってまいりました。

写真は“ご一緒にクラス”のちらし寿司です。

女子大生のお嬢さん お2人とご一緒に、約4時間かけて

作りました。生徒さんもちらし作りは始めてとのこと、わたくしも若いお嬢さんと

お寿司を作るのは始めての経験でとても楽しいひとときでした。

2人とも、生の鱈から作るおぼろにも、とても感激してくださって、

お教えする側も嬉しいかぎりでした。

次は太巻き寿司の予定です。

にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へにほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
[PR]
by kumikogohan | 2011-02-18 22:15 | Comments(0)

バレンタインのお献立

e0196040_853993.jpg
子供たちが小さいとき、よく作って大人気だったお献立です。

今でも、時々作ると、やはり嬉しそうです。素っ気ないですけどね。

チキンとマッシュルームのクリーム煮、にんじんライス添え。

サイドディッシュはカリフラワーのチーズフライです。これは、母が

昔からよく作ってくれたものです。

にんじんライスはハート型にするだけで、子供向けごはんから、いっきに

バレンタインのメニューに早変わりします。

来年のバレンタインデーの参考にしてくださいね。
にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へにほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
[PR]
by kumikogohan | 2011-02-17 08:56 | Comments(0)

お福さんと鯛

e0196040_22244682.jpg
この可愛いお皿は母の大好きな“お福さん”と名のつくお皿。

どことなく、誰かに似ているような・・・ほっこり系ですね。

そして、この鯛のお箸置きを使えば、なんだか明るくおめでたい

気持ちでご飯がいただけそう。

e0196040_22252750.jpg
にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へにほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
[PR]
by kumikogohan | 2011-02-16 22:26 | Comments(0)

すき昆布の煮物

e0196040_2219592.jpg
ばぁばの故郷 青森県八戸のすき昆布、母も私達も、子供の頃から

ず~~っと食べてきているものです。

子供の頃、チキンライスとコーンスープに魅了されていた頃は、

あまり親しみを感じませんでしたが、すっかり大人になったこの頃(?)は欠かさず

常備している物のひとつです。細切りの昆布が紙のように平らに干してあるものです。

たっぷりの水で10分ほど浸けてもどしてから使います。

お料理の仕方もいろいろです。油揚げと焼き干し(鰯で出来ていて上品なだしがとれます)

だけで、汁が多めの薄味煮、にんじん、ごぼう、薩摩揚げなどいろいろ入れて

甘辛い炒め煮、サラダに入れたり、鱈昆布(たらこんぶ)椀など。

今日は大豆と人参で甘くない炒め煮にしました。

八戸の久保田商店さんのものが、シャキシャキとして、

煮てもとろけないのでいつも使っています。
にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へにほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
[PR]
by kumikogohan | 2011-02-14 22:19 | Comments(0)

ピンク色の粒マスタード

e0196040_1035866.jpg
ピンク色のマスタードをお店で見つけた友達が、ピンク好きの

私を思い出して、プレゼントしてくれました。

ピンクの素はカシスです。普通の粒マスタードと食べ比べて

みると、フルーティーな甘味がきいていることがわかります。

とても新鮮な感じです。

今朝は久しぶりにお天気もよいので、平田牧場の生ソーセージ、

ポテトオムレツとトーストでしっかりと朝食をとって、井の頭

公園のウォーキングと、ゴルフの練習に出かけようと思います。
e0196040_10354499.jpg

にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へにほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
[PR]
by kumikogohan | 2011-02-13 10:37 | Comments(0)

ケーク・サレ その2

e0196040_1225447.jpg
お天気が悪いので、家の中にあるものだけで、作りました。

ケーク・サレの真髄ですね。

ベーコン、玉葱、パセリ、粉チーズ、乾燥バジルでシンプルに。

缶詰のクリームコーンもあったので、コーンスープを作って

かるいランチにしました。

にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へにほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
  よろしければワンクリックお願いします。
[PR]
by kumikogohan | 2011-02-12 12:26 | Comments(0)