ブログトップ

登紀子ばぁばと安藤久美子料理教室のブログ

七草がゆ

e0196040_1249630.jpg
今日は七草がゆをいただく日。

人日の節句ですね。

お正月のご馳走で、疲れた胃を休めるために、そして

一年の健康を願って、七草の入ったお粥をいただく風習です。

母に作ってもらっていた頃は、今のように、七草セットなどは

ありませんでした。

お大根や芹など、身近な、手に入る材料だけで作ってくれた

ものです。何気なく、当たり前に食べていた七草粥でしたが、

家族に作ってあげていると、母もこうして私達の健康を考えて

いつも工夫をしていてくれたのだな・・・とよくわかります。

きっと、何処のご家庭も同じだと思います。

皆さん、いろいろなことに感謝しましょうね。

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村
[PR]
# by kumikogohan | 2010-01-07 12:50 | Comments(0)

ブリのみぞれ鍋 

e0196040_1022321.jpg
お正月明けのお献立にいかがでしょうか。

鰤の美味しい季節、甘辛いお節料理のあとなので、

さっぱりと塩ポン酢でいただきます。

ぶりの切り身は食べよい大きさにして、ザルにのせ、

沸騰した熱湯を回しかけて、脂ぬきを必ずしておきます。

たっぷりの大根おろしと、柚子の皮のせん切りをたくさん散らします。


にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村
[PR]
# by kumikogohan | 2010-01-04 10:22 | Comments(0)

三種の祝い肴

e0196040_832690.jpg
黒豆、田作り、数の子の3種類です。

お正月は最低限、この3種とお雑煮があればよいのではないでしょうか。

もう少し頑張れれば、お煮物も作ってみては?

まだ出きるようであれば、あとはおなますがあれば、お餅で胸やけ

しても、すっきり過ごせますね。

あれもこれもと欲張らないで、かと言って買ったものは味気ないので、

できるものだけ、数点でも綺麗に盛り付けてお正月をたのしみましょう。
e0196040_8125943.jpg





にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村
[PR]
# by kumikogohan | 2009-12-31 08:04 | Comments(0)

ばぁばのお雑煮

南部風雑煮といいます。

母の生まれ故郷の八戸のお雑煮です。

お正月にはずっとこれをいただいてきました、ウン十年も。

下茹でをした大根、人参、牛蒡の短冊切りがたくさん、蒲鉾、鶏ささみ、お餅、

熱々の薄味のおすましを注ぎいれ、

最後にお酒をふった塩いくらをたっぷりとのせて

三つ葉をちらして、柚子を吸い口にします。

e0196040_837554.jpg
お口の中で、いくらが潰れると、こくがあって、とっても美味しいですよ~!

これをいただくと、「あー、お正月がきたのね~」としみじみと思います。

東京風のお雑煮で育った主人も、始めて食べたときから、このお雑煮が

大好きになりました。


にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村
[PR]
# by kumikogohan | 2009-12-30 08:40 | Comments(0)

炒り鶏のコツ

e0196040_1514724.jpg
筑前煮ともいいます。

根菜類をそれぞれ別々に煮るお煮しめよりも、一度に煮るので、

手軽です。お味も甘辛で濃い目なので、日持ちもしますし、なにより

子供達が成長期には薄味のお煮しめよりも好まれます。

これで苦手な根菜類も食べるようになりました。

ばぁば直伝の、大きな焼き豆腐が入った、薄味の田舎煮と両方作りますが、

そちらはもっぱら大人用でした。

筑前煮のコツはななんと言っても、材料を大きめに切って煮ることです。

鶏も蓮根も筍も煮ているうちに、思いのほか縮まってしまうからです。

もうひとつ、目分量でつくるときに、初心者のかたが間違えやすいのは、

“ひたひた”の水の分量の見分け方です。お水だけを入れたときに、

材料が見え隠れするくらいでは多すぎです。調味料が入って、煮ている

うちにお野菜から水分もでてきますから、すぐにタプタプになってしまいます。

お水を入れるとき、材料の8~9分目にするくらいでよいでしょう。

もうひとつ、手間ではありますが、油で炒めた材料を一度大きなザルに

取り出し、熱湯を回しかけ、油抜きをし、お鍋のこびりつきもよく洗って

から煮ると、出来上がりがとても綺麗です。
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村
[PR]
# by kumikogohan | 2009-12-29 15:16 | Comments(0)

お正月の準備

e0196040_18453615.jpg
新年が近づいて、あわただしいけれども、なにかウキウキとします。

大掃除やお節料理の準備のほかに、忘れてはならないのは、

新年に使うものを新しく用意することです。歯ブラシや下着など・・・

その中には、おせち料理をいただくときのお箸の準備もあります。

と言っても、ありがたいことに、登紀子ばぁばが毎年、私達子供達

家族の全員の名前と干支の絵を描いた箸袋を作ってくれます。

毎年、これを見ては「今年こそは描き方を習わなくちゃ・・」と

思うのですが、あーっ!と言っているうちに1年が経ってしまうのです。

不思議な箸袋です。

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村
[PR]
# by kumikogohan | 2009-12-28 18:48 | Comments(0)

牛肉のビール煮

e0196040_17393642.jpg
鯵の酢〆のあとには、煮込み料理を用意しておくと、

パーティーの段取りとしては上出来ですね。

玉葱をよく炒め、焼き付けた牛もも肉の固まりを入れて、
 
ビール500mlと水でかぶるくらいにして、約2時間

ひたすら煮ます。柔らかくなったら塩で味付け。

付け合せには、蒸らしたクスクス、網焼きにして、塩とオリーブオイル

をふったパプリカ、クレソンで彩りよく。

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村
[PR]
# by kumikogohan | 2009-12-25 17:40 | Comments(0)

e0196040_17222237.jpg
お肉料理の前に、こんなお魚料理はいかがでしょうか。

鯵を3枚おろしにして、腹骨をすきとり、中骨も丁寧にとります。

塩をふって2~3時間おいて酢あらいします。

たっぷりの酢に好みの時間浸けて、酢〆にします。

皮をひいて、スライスオニオン、セロリ、サワークリームを添えます。

メルバートーストでオープンサンドにして、大人のパーティーに。

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村
[PR]
# by kumikogohan | 2009-12-25 17:23 | Comments(0)

クリスマスのカップ寿司

e0196040_14455998.jpg
食べやすくて、可愛いクリスマス向けのお寿司を考えました。

ご飯は酢めしで、ハム、オリーブ、パセリ、パプリカをみじん切りにして混ぜて

あります。室温で柔らかくしたクリームチーズにマヨネーズ、つぶしたアボカド

を混ぜたもの、辛子めんたいとマヨネーズを混ぜたもの、レンジで柔らかく

して裏ごしたカボチャを混ぜたもの・・・と3色のチーズクリームを作ります。

生クリームに付いてくる絞りだし袋をいつもとっておいて、使いましょう。

カップに入れた混ぜ寿司に彩りよく絞り出し、ハーブやお茶漬け用のアラレ、

型抜きしたピーマン、イクラ、刻んだ梅酢生姜などなど、

楽しんでトッピングしました。子供だけでなく、大人も嬉しいキュートさでしょう。


にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村
[PR]
# by kumikogohan | 2009-12-11 14:35 | Comments(2)

おせち料理 その3

e0196040_12481992.jpg
たっぷりと大きな手作りの伊達巻、筑前煮、のし鶏、昆布巻き、叩き牛蒡、

紅白なます、黒豆、田作り、などなど・・・家族が大好きなお節。

母から伝えられた我が家の定番のおせち料理は毎年作ります。

子供達もお正月はそういうものだ・・・と思いながら、20年以上たちます。

好き嫌いを言ってる場合ではありません。

というか言わせないできました。これって、とても大事なことだと最近

きがつきました。日本の季節にそった、旬の食べ物であったり、季節の

行事に合ったお料理をきちんと、ちゃんと、ちゃんと作って出してあげる

(たとえ好みでないと言われたり残されても)、しつこく、しつこく作り続ける・・・

するといつのまにか生活の一部になり、そういうものなのだといつか、

日本の食文化が毛穴から染み込んでいくのではないでしょうか。
 にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村
[PR]
# by kumikogohan | 2009-12-08 12:49 | Comments(0)