ブログトップ

登紀子ばぁばと安藤久美子料理教室のブログ

嬉しいご報告

e0196040_11495160.jpeg
和食の基本レッスンの1回目の
お稽古の後に、3歳のお坊ちゃんの
いらっしゃる生徒さん、
早速、煮干しのお出しをとって
お味噌汁を作ったそうです。
直ぐに作って偉い!
すると、その坊やが
「美味しい〜!」と言って満足そうに
食べてくれたというお話しを伺いました。
とっても嬉しいご報告です。
それを、聞いた
わたくしは「嬉しい〜!」です。

我が家でも、孫が離乳食のときの
カツオ出汁だけのスープや、
後期に入ったときの
少しお味のついた、薄いお味噌汁を
飲ませたときの、ものすごく美味しそうな
表情をバァビ(ばぁばは1人居るので
私はばぁびなのです)は
見逃しませんでした❗️
そんな表情をみたり、美味しいって
心底から言ってもらえるのが、家庭料理
に手をかけることのよろこひですよね。

子供だけでなく、家族だれからでもね。

だから、続けられるのかな、お料理と
食べること周りのこと。

[PR]
by kumikogohan | 2018-11-08 11:49 | Comments(0)